Copyright (C) iPhoneアプリ開発備忘録 All rights reserved.
ブログ内で記したコード、内容の正確性は保証いたしません。
記載内容を実装したことにより発生した不具合・損害等の責任は一切負いません。



2009年10月16日

iPhoneアプリ開発の専門書



iPhoneアプリケーション開発に関する本のレビュー。
購入済のものについてのみ評価する。



自作アプリをApp Storeで世界に向けて販売できる!! iPhone SDKプログラミング大全 (MacPeople Books)

自作アプリをApp Storeで世界に向けて販売できる!! iPhone SDKプログラミング大全 (MacPeople Books)

iPhoneアプリ開発の入門書としては最適。
しかし、これだけで開発ができることはない。
AppStoreで売りに出すアプリを作ろうとするならば、本書の内容だけだとすぐに壁に当たる。


たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]

たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]

Objective-C 2.0 および、フレームワークCocoa を理解する入門書としては最適。口語調の文章がちょっと気になるが、内容は理解しやすい。


iPhone デベロッパーズ クックブック

iPhone デベロッパーズ クックブック

iPhoneアプリ開発専門書が日本で販売されていなかった頃は、本書の元となった英語版がデベロッパーには重宝されていた。本書は日本語版だが翻訳に難あり。出版が若干古いためiPhone OS 3.0には対応していない箇所があるが、それでもガリガリとコーディングする人には、参考になるサンプルが多く掲載されている。


iPhoneアプリケーションプログラミング

iPhoneアプリケーションプログラミング

iPhoneアプリ開発の中級者以上向けの本。
ある程度、開発に慣れてくると実装方法に不明な点が出てくるものだが、そうしたときに本書を読むとヒントや解を見つけることができる。図表よりも文章が多く、iPhoneアプリ開発に慣れていないとわからない専門語がたくさん出てくるが、じっくり読むと理解できることもある。


詳解 Objective-C 2.0

詳解 Objective-C 2.0

本書はiPhoneアプリ開発においては必須。
Objective-C 2.0について、文字通り"詳解"している。
iPhoneアプリ開発においてはメモリ管理、通知、スレッド管理など、知っておくべきことは多数あるが、そのすべてにおいて詳細に解説している。本書なしには開発はできない。


iPhone SDK アプリケーション開発ガイド

iPhone SDK アプリケーション開発ガイド

数々のプログラミング言語解説本を出版している、オライリーによるiPhoneアプリ開発の本。後出しジャンケンの感は否めないが、最後発だからこそすぐれた解説本が出版されたとも言える。さすがオライリー。本書はInterfaceBuilderを使わずにUI部品をコーディングで構築する方法が記載されているので、応用が効くし、コードとして提示されているため動作の仕組みが理解しやすいので、プログラマ向きとも言える。



iPhone Web Style

iPhone Web Style

本書はiPhoneアプリ開発の専門書ではないが、WebサイトをiPhone閲覧に最適化させるテクニックを掲載している。公開されているライブラリを利用して、iPhoneアプリライクなWebサイトを構築することができる。
 

 
 
個人的には、iPhone SDK アプリケーション開発ガイド詳解 Objective-C 2.0があればiPhoneアプリ開発は可能だと思う。あとは、Apple Developer Connectionを見るか、Webで検索すれば大抵は知りたいことが見つかる。
 
 
タグ:iPhone
posted by mobileDeveloper at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発参考書 はてなブックマーク - iPhoneアプリ開発の専門書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc.の商標です。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
その他、本ブログに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。