Copyright (C) iPhoneアプリ開発備忘録 All rights reserved.
ブログ内で記したコード、内容の正確性は保証いたしません。
記載内容を実装したことにより発生した不具合・損害等の責任は一切負いません。



2009年10月24日

UITableViewの中に、UISwitchを実装する



テーブルセルの中に、スイッチを表示させる実装方法。
セクション分けしたテーブルを使用して、アプリの設定を行う画面を作るときに利用できる。

- (UITableViewCell *)tableView:(UITableView *)tableView cellForRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath {

UITableViewCell *cell = [self._itemTable dequeueReusableCellWithIdentifier:@"RegularCell"];
if (cell == nil) {
CGRect frame = CGRectMake(0, 0, 300, 44);
cell = [[[UITableViewCell alloc] initWithFrame:frame
reuseIdentifier:@"RegularCell"] autorelease];
cell.selectionStyle = UITableViewCellSelectionStyleNone;
cell.font = [UIFont systemFontOfSize:14];
}

UISwitch *switchObj = [[UISwitch alloc] initWithFrame:CGRectMake(1.0, 1.0, 20.0, 20.0)];
switchObj.on = NO;
[switchObj addTarget:self
action:@selector(settingSwitch:)
forControlEvents:UIControlEventValueChanged];
cell.accessoryView = switchObj;
[switchObj release];

cell.text = @"設定";
}



テーブルのセクション毎に編集する場合は、
indexPath.section

テーブルセルの行数毎に編集する場合は、
indexPath.row
でif文やswitch文で振分けて編集すること。
 
 
タグ:iPhone
posted by mobileDeveloper at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | UITableView はてなブックマーク - UITableViewの中に、UISwitchを実装する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131091193
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc.の商標です。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
その他、本ブログに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。