Copyright (C) iPhoneアプリ開発備忘録 All rights reserved.
ブログ内で記したコード、内容の正確性は保証いたしません。
記載内容を実装したことにより発生した不具合・損害等の責任は一切負いません。



2010年04月27日

UITableViewでUIImageViewを任意の位置に表示する



UITableViewのセルに画像を表示する場合、デフォルトではセルの左端のimageViewに画像が表示される。
任意の位置に画像をするコードは下記のとおり。

UIImage *image = [UIImage imageWithData:self.imageData];
UIImageView *photo = [[[UIImageView alloc] initWithFrame:CGRectMake(100.0, 10.0, 128.0, 128.0)] autorelease];
photo.autoresizingMask = UIViewAutoresizingFlexibleLeftMargin | UIViewAutoresizingFlexibleHeight;
photo.image = image;

[cell.contentView addSubview:photo];


上記は、x軸を100.0、y軸を10.0、画像サイズを128x128とする例。
 


タグ:iPhone
posted by mobileDeveloper at 23:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | UIImageView はてなブックマーク - UITableViewでUIImageViewを任意の位置に表示する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変参考になり、ありがとうございました。
2種類の画像を、無事に任意の位置に表示は出来たのですが
スクロールすると、画像が入れ変わってしまいまう場合があります。
回避する方法はありますでしょうか?
ご教授頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。
Posted by tetu at 2012年10月24日 02:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc.の商標です。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
その他、本ブログに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。