Copyright (C) iPhoneアプリ開発備忘録 All rights reserved.
ブログ内で記したコード、内容の正確性は保証いたしません。
記載内容を実装したことにより発生した不具合・損害等の責任は一切負いません。



2013年02月28日

Google Maps SDK for iOS 導入手順



iOSアプリで Google Mpasを表示するには、Googleが提供するGoogle Maps SDK for iOSを使用する。

なお、Google Maps SDK for iOS(Ver1.1.0現在)の動作条件は下記の通りとなる。

Xcode 4.5 以降
iOS SDK 6.0 以降
armv7

1. 準備編
(1) Google Developersの、Google Maps SDK for iOSのページにアクセスする。
https://developers.google.com/maps/documentation/ios/start

 (1.1) Google Maps SDK for iOSをダウンロードする。
 「Getting the Google Maps SDK for iOS」の項のリンクをクリックしてダウンロード。

(2) Google APIs Consoleにアクセスする。
https://code.google.com/apis/console/

 (2.1) Services タブを開き、「Google Maps SDK for iOS」のセレクタを ON にする。
 (2.2) API Access タブを開き、"Create new iOS key" ボタンをクリック
  (2.2.1) アプリのbundle identifierを入力する。(info.plistまたはTATGETSのSummaryのbundle identifierで表示される値と同一)
  (2.2.2) 「iOS apps」にbundle identifierが設定されていることを確認。
  (2.2.3) 「API key」に表示されている40桁の文字列が、アプリからGoogle MapsにアクセスするAPI Key。



2. コード生成編
(1) Xcodeにてターゲットプロジェクトに、ダウンロードしたGoogle Maps SDK for iOSの中の「GoogleMaps.framework」をFrameworks groupに追加する。
(2) FinderでGoogle Maps SDK for iOSを開き、GoogleMaps.bundleをFrameworks groupに追加する。
(注:Google Developersより、「When prompted, ensure Copy items into destination group's folder is not selected.」)
(3) ターゲットプロジェクトに下記のFrameworkが追加されていなければ追加する。
 AVFoundation.framework
 CoreData.framework
 CoreLocation.framework
 CoreText.framework
 GLKit.framework
 ImageIO.framework
 libicucore.dylib
 libstdc++.dylib
 libz.dylib
 OpenGLES.framework
 QuartzCore.framework
 SystemConfiguration.framework

(4) Default Architecturesはarmv7が使用でき、armv7sは使用できないので注意すること。
(5) TARGETSのBuild Settingsの、Other Linker Flags セクションに、「 -ObjC 」を追加する。
(6) AppDelegate.mを修正。
 (6.1) GoogleMapsのヘッダファイルをインポートする。
 
#import <GoogleMaps/GoogleMaps.h>

 (6.2) application:didFinishLaunchingWithOptionsメソッドで、API Keyを宣言する。
 
[GMSServices provideAPIKey:@"YOUR_API_KEY"];


(7) 基本的なGoogle Mapsの表示
#import "YourViewController.h"
#import

@implementation YourViewController {
GMSMapView *mapView_;
}

// You don't need to modify the default initWithNibName:bundle: method.

- (void)loadView {
GMSCameraPosition *camera = [GMSCameraPosition cameraWithLatitude:33.12345
longitude:123.4567
zoom:6];
mapView_ = [GMSMapView mapWithFrame:CGRectZero camera:camera];
mapView_.myLocationEnabled = YES;
self.view = mapView_;

GMSMarkerOptions *options = [[GMSMarkerOptions alloc] init];
options.position = CLLocationCoordinate2DMake(33.12345, 123.4567);
options.title = @"東京";
options.snippet = @"hogehoge";
[mapView_ addMarkerWithOptions:options];
}



(8) その他のGoogle Mapsの表示
オーバレイ表示、航空地図、ハイブリッド表示などがある。ダウンロードしたGoogle Maps SDK for iOSの中に、デモプロジェクトがバンドルされているので、そちらを参照のこと。


参考記事:
https://developers.google.com/maps/documentation/ios/


posted by mobileDeveloper at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外部連携 はてなブックマーク - Google Maps SDK for iOS 導入手順 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc.の商標です。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
その他、本ブログに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。