Copyright (C) iPhoneアプリ開発備忘録 All rights reserved.
ブログ内で記したコード、内容の正確性は保証いたしません。
記載内容を実装したことにより発生した不具合・損害等の責任は一切負いません。



2015年02月12日

ファイルのキャッシュへの保存



アプリ内で作成せず、インターネットからダウンロードすれば済むファイルなどは、iCloudバックアップ対象外とするために、キャッシュ( /Library/Caches )に保存するのが望ましい。

ファイルパスの編集時を下記の通りにする。
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(NSCachesDirectory, NSUserDomainMask, YES);
NSString *directory = [paths objectAtIndex:0];
NSString *filePath = [directory stringByAppendingPathComponent:@"hoge.plist"];
NSCachesDirectory にすると、/Library/Caches がファイルパスとなる。


バックアップ対象にする場合は下記の通りにする。
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES);
NSDocumentDirectory にすると、/Documents がファイルパスとなる。

参考記事:
http://qiita.com/edo_m18/items/4d4f1e2b7c2b790039b1




posted by mobileDeveloper at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | NSFileManager はてなブックマーク - ファイルのキャッシュへの保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413936838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc.の商標です。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
その他、本ブログに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。