Copyright (C) iPhoneアプリ開発備忘録 All rights reserved.
ブログ内で記したコード、内容の正確性は保証いたしません。
記載内容を実装したことにより発生した不具合・損害等の責任は一切負いません。



2015年04月09日

cocos-2dプロジェクトのiOS8、64bitアーキテクチャへの移行



cocos-2dで作られたアプリを、iOS8向けの64bitアーキテクチャ対応にしようとして、Xcode6でそのままソースコードを修正せずにビルドするとエラーとなる。

これを回避する方法。

1. ビルド時に
Redefinition of ‘__ccContentScaleFactor’ with a different type: ‘CGFloat’ (aka ‘double’) vs ‘float’
と表示された場合の対処法。

CCDirectorIOS.h
修正前:extern CGFloat __ccContentScaleFactor;
修正後:extern float __ccContentScaleFactor;

CCDirectorIOS.m
修正前:CGFloat __ccContentScaleFactor = 1;
修正後:float __ccContentScaleFactor = 1;

参考記事;
http://www.hugkey.com/344/


2. ビルド時に
Unknown register name ‘q0′ in asm
と表示された場合の対処法。

mat4.c および neon_matrix_impl.c
修正前:__ARM_NEON__

修正後:__ARM_NEON_7

参考記事:
http://www.hugkey.com/360/
 
 
タグ:apple iPAD IOS iPhone Mac
posted by mobileDeveloper at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Cocos2d はてなブックマーク - cocos-2dプロジェクトのiOS8、64bitアーキテクチャへの移行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417018230
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc.の商標です。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
その他、本ブログに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。