Copyright (C) iPhoneアプリ開発備忘録 All rights reserved.
ブログ内で記したコード、内容の正確性は保証いたしません。
記載内容を実装したことにより発生した不具合・損害等の責任は一切負いません。



2015年09月23日

iOS9でcanOpenURLを有効化する



iOS9では、canOpenURLによるURLスキームの実行判定が、従来のままでは行えなくなった。

info.plistにURLスキームをあらかじめ登録しておくことにより、canOpenURLを有効にできる。

1. LSApplicationQueriesSchemes キーをArray形式で追加する。
2. LSApplicationQueriesSchemes キーの下層に、string形式でURLスキームを追加する。

URLスキームは、例えば
hoge://?data=
のような形式である場合は、
hoge
をLSApplicationQueriesSchemes キーの下層に登録する。

なお、canOpenURL ではなく、openURLはLSApplicationQueriesSchemesにURLスキームが登録されていなくても実行が可能である。(但し、実行時に「"◯◯"が"hoge"を開こうとしています 開く / キャンセル」というダイアログ画面が表示される)
iOS9.0では実行可能であるが、将来的にcanOpenURLと同様になる可能性も否定できない。


参考記事:
http://nlogic.jp/?p=417
タグ:IOS iPAD apple Mac iPhone
posted by mobileDeveloper at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外部連携 はてなブックマーク - iOS9でcanOpenURLを有効化する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426567655
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc.の商標です。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
その他、本ブログに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。