Copyright (C) iPhoneアプリ開発備忘録 All rights reserved.
ブログ内で記したコード、内容の正確性は保証いたしません。
記載内容を実装したことにより発生した不具合・損害等の責任は一切負いません。



2016年09月21日

Xcode8でAutomatically manage signingを使用してArchive時にエラーとなった場合の対処方法



Xcode8にて、TARGETS -> General -> Signing -> Automatically manage signingにチェックを入れてArchiveした時、下記のメッセージが表示されてビルドエラーとなった場合の対処方法。
*** has conflicting provisioning settings. *** is automatically signed, but provisioning profile XXXXXXXX has been manually specified. Set the provisioning profile value to "Automatic" in the build settings editor, or switch to manual signing in the project editor.
Code signing is required for product type 'Application' in SDK 'iOS 10.0'"


対処方法 :
TARGETS -> Build Settings -> Provisioning Profile (Deprecated) -> Any iOS SDK の右側にマウスポインタを当て、(-)ボタンをクリックして、設定を削除する。

Provisioning Profileの設定を自動化するに当たり、これまでマニュアル設定していたProvisioning Profile設定を削除する必要がある。

参考記事:
http://qiita.com/SCENEE/items/c170bca6b8e8bcb2769f
タグ:iPhone IOS iPAD apple Mac
posted by mobileDeveloper at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラブルシューティング はてなブックマーク - Xcode8でAutomatically manage signingを使用してArchive時にエラーとなった場合の対処方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc.の商標です。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
その他、本ブログに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。