Copyright (C) iPhoneアプリ開発備忘録 All rights reserved.
ブログ内で記したコード、内容の正確性は保証いたしません。
記載内容を実装したことにより発生した不具合・損害等の責任は一切負いません。



2017年07月01日

ビルド時に ” resource fork, Finder information, or similar detritus not allowed Command /usr/bin/codesign failed with exit code 1 "とコンソールログにエラー表示される場合の対処法



ビルド時に ” resource fork, Finder information, or similar detritus not allowed Command /usr/bin/codesign failed with exit code 1 "とコンソールログにエラー表示される場合の対処法。



1. ターミナルを起動する。
2. 対象プロジェクトにcdする。
下記コマンドを投入。
xattr -rc

3. Xcodeでプロジェクトをクリーンアップする。
4. 再ビルドを実行する。

プロジェクト内のファイル付加情報が壊れている状況の時などに、このエラーが表示される。
xattr -rc コマンドにより、リソースフォークやFinder情報などのファイルの付加情報を消去して、再ビルドすればOK。

参考記事;
https://stackoverflow.com/questions/37830758/code-signing-error-whenever-i-try-replacing-stock-files-in-new-scenekit-applicat
https://developer.apple.com/library/content/qa/qa1940/_index.html
http://blog.msyk.net/?p=747
posted by mobileDeveloper at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発の流れ はてなブックマーク - ビルド時に ” resource fork, Finder information, or similar detritus not allowed Command /usr/bin/codesign failed with exit code 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451416437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc.の商標です。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
その他、本ブログに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。